木々の緑が目にしみる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、この度、弊社では半期に一度実施しております、「品質改善・向上のためのPDCAプログラム」を全オペレーションスタッフ、無事修了致しました。嬉しい事に、9割方のオペレーターが昨年より高い評価となり、再研修オペレーターも「ゼロ」と、「品質改善・向上のためのPDCAプログラム」実施以来、初の快挙となりました!
これもひとえに、スーパーバイザーをはじめ、各々のオペレーターが自覚を持って電話応対品質向上に取り組んでくれている証だと思います。そして、何よりも、「電話応対品質にこだわり続ける」弊社のポリシーに共感してくれて、それに向かって行動してくれていることが大変嬉しく思います。

この「品質改善・向上のためのPDCAプログラム」は、皆様に「確かな品質の電話応対」を常に提供させて頂くを目的に、永続的に実施されていくプログラムになります。
弊社の電話応対品質に対する取り組みについては、「電話応対品質が選ばれ続ける理由です」をご覧下さい。

□複数のオペレーション内容を、複数の人間(品質管理責任者、スーパーバイザー)が客観的に評価
□評価結果をもとに、品質管理責任者と対象オペレーターが改善に向けた話し合いを実施
□品質改善・向上に向けたスケジュールや目標設定、具体的なトレーニング方法などを決定□品質改善・向上に向けた取り組みのスタート!

大まかにはこういった流れになるのですが、労力も要しますし、当然、時間もかかります。ただ、企業規模も大きくない、電話受付専業の弊社としては「電話応対品質にこだわり続ける」しかないのです。
この結果に慢心すること無く、本当の意味で皆様にご満足頂ける様、これからも取り組んでまいりたいと思います。次回は年末の実施となりますが、今から結果がとても楽しみですね。