電話代行とはどの様なサービスなのか?

お客様満足度の高いコールセンター運営を実現します。

コールセンター代行とは、電話応対マナーやビジネスマナーを持ち合わせた弊社のコミュニケーターが、ご利用企業様に代わり大切なお客様の対応をさせていただくサービスです。
もちろん、貴社の業種や商品・サービスなどをしっかりと把握し、コールセンター運営(開設)の目的や課題なども共有しますので、安心してご利用いただくことができます。また、大切なお客様対応を行うにあたり、時間をかけて綿密な業務打ち合わせを実施し、弊社内においてもしっかりと研修・教育を行いますので、貴社内コールセンターと何ら変わりないパフォーマンスが可能です。

  • 「新規事業に伴いコールセンターを立ち上げたい」
  • 「営業時間外や休日にも、お客様対応を行いたい」
  • 「コールセンターの規模拡大を低コストで実現したい」
  • 「コール量の増加に伴い、専門の業者に任せたい」
  • 「お客様対応は外注して、コア業務に集中したい」

このように、コールセンターの開設やアウトソーシングをご検討中の方は、ぜひ、当社にお任せ下さい。
貴社のご要望やご意向が反映された、成果の出せるコールセンター運営をお約束いたします。

コールセンター代行を利用する理由

こんな企業様におすすめします!
24時間対応・365日体制のコールセンター代行

では、どのような理由や動機で、コールセンター代行は利用されているのでしょうか。
ご利用企業様によって理由や動機はさまざまですが、特に多いものとしては以下に挙げるものとなります。
もし、少しでも当てはまるようでしたら、コールセンター代行で貴社のお悩みや問題を解決できるかもしれません。

深夜・早朝の時間帯にも対応したい

顧客対応業務、とりわけコールセンターの担う役割は多様化しています。
そのような背景の中、深夜・早朝の時間帯にもコールセンターを稼働させたい、と考える企業様が増えてきました。深夜・早朝も含め24時間対応となると、以前では修理依頼や故障・トラブル受付などに関する業種の企業様だけでした。しかし、昨今では、法律相談を受ける弁護士事務所や司法書士事務所をはじめ、旅行代理店、引越し業者、人材派遣会社、リサイクルショップなど、幅広い業種の企業様が深夜・早朝の時間帯、あるいは24時間対応でコールセンターを運営しています。
ただ、実際に深夜・早朝の時間帯にコールセンターを動かすとなれば、コスト面や労力面でかなりの負担が強いられます。でも、深夜・早朝の時間帯にもコールセンターを稼働させたい・・・。
このように、自社に負担にならず、できる限りコストをかけずにお客様対応の幅を広げたい、という理由で24時間対応・365日体制のコールセンター代行は利用されています。

営業時間外や休日にも対応したい

こちらも多い理由のひとつです。深夜・早朝の時間帯までは必要ないが、せめて夜21時ごろまで、また、土曜・日曜・祝日にもお客様対応を行いたい、という企業様は多くいらっしゃいます。
特にエンドユーザー向けのコールセンターの場合、仕事終わりや夕食後の時間帯、仕事休みが多い土日祝などにも頻繁にコールが入ります。
ただ、自社で対応しようとすると、当番制の出勤や新たな人員採用が必要だったり、残業手当や休日出勤手当なども必要となります。そこで、平日の日中は自社で対応するけれど、営業時間外や休日の対応は
コールセンター代行業者へ、となるのです。

新規でコールセンターを立ち上げたい

新規事業をスタートする際や新商品を販売する際に、お客様からの問合せに対応する、サポートセンターやお客様相談室が必要となる場合があります。このような時に、既に社内にコールセンターを持ち合わせていれば問題ないのですが、そうでなければ一からコールセンターを立ち上げなければなりません。
そうなると、場所の確保や機器設備の選定、コミュニケーターの採用業務や教育指導、トークマニュアルやFAQの作成まで、ノウハウがない中で、莫大な労力とコストがかかります。
もし、コールセンター代行業者にアウトソーシングという選択をすれば、これらのほぼ全てが省かれるのです。
このように、ノウハウはないが新規でコールセンターを立ち上げたい、という理由で多く利用されています。

コア業務に注力し効率化を図りたい

少数精鋭、限られたスタッフで事業を行う場合、各々のスタッフがどの業務を担当しどれくらいの時間を費やすのか、によって業務効率面や成果は大きく変わってきます。
例えば、通販事業でいえば、商品企画や開発、媒体選定や広告制作、ウェブサイトの管理や更新、梱包作業や発送作業、入金管理や代金回収、クレーム対応やアフターフォローなど、業務は多岐にわたります。これら業務を全て自社で完結するのは難しく、一部をアウトソーシングしている事業者がほとんどだと思います。
「餅は餅屋」といいますが、お客様対応はコールセンター代行という外部リソースを活用し、自社スタッフはコア業務に注力し効率化を図る、このような考えからもコールセンター代行は利用されています。