栄養価が高い「くるみ」は今も昔も貴重な食料

皆様、おはようございます。こんにちわ、こんばんば。

それでは本日「10月3日」の記念日を紹介したいと思います。
それは「登山の日」と制定されているそうです。

どうしてなのかというと、記念日によくある「語呂合わせ」です。
「と(10)ざん(3)」で登山となり、10月3日に記念日として制定されたそうです。

しかし、登山というと趣味にする人も多く存在します。
まあ、日本列島は平野が少なく。山岳地帯も少なくありません。
そういう意味では登山を趣味として楽しむ人が少なくないのも頷けます。

特に日本は「富士山」というシンボル的山が人気を持っており
今では海外観光客が富士山への登山を楽しみに来る。というのもあるぐらいです。

hiking

通信技術が向上したことで登山中でも携帯電話が通じる

ところで、登山において通信技術が向上したことで変わったことがあります。
それは何か分かりますか?

実は登山中でも「携帯電話」が通じる可能性が向上した。というものです。
これまでの登山というと、通信手段が限られており
遭難した時の対応として外部と連絡を取ることの困難さがありました。

ですが、日本国内の通信キャリアが山間部にまで通信用のアンテナを
整備することにより、山や山間部でも携帯電話による通信ができるようになって来たことです。

日本の山小屋での通信状況を調べたデータによると
ドコモなどでは「60%」近くが通信状況が良く電話による対応ができるようになっているそうです。
外部との電話連絡ができるというのは、それだけで安心感が違います。
山となると緊急な状況も度々起こりえます。

そういう状況でも携帯電話によって外部へと知らせることができれば
登山という趣味に対しても、より楽しむ人達が増えるかもしれません。