電話代行というサービスを始めようと、情報を集めていると
大いに迷うことがあるのが「業者選び」だと思います。

業者選びに失敗することで、引き起こされるのは
顧客対応が悪いことから噴出する企業への不満・負のイメージ。
しっかりと対応しないことによるクレームの増加。などなど
様々な問題が起こる可能性があるわけです。

そうならないためにも、電話代行を選択する「業者選び」では
次の二つのポイントを抑えてしっかりと検討することが重要といえるのです。
そのポイントというのは「実績」と「品質」です。

今回はそんな「実績」と「品質」について紹介させていただくとともに
どうやって見極めるのかについても紹介させて頂きます。
電話代行の業者選びで困ったら読んで頂ければと思います。

note_pc_mail

電話代行に重要なのは「実績」と「品質」

増え続けている「電話代行」という業種。さまざまな業者が参入してきていますが
正直なところ、サービスにおいての差別化はほぼできないと言えます。

では、そんな中で何処を見てサービスを選択すれば良いのか。
料金、というのは間違いです。オペレーターを少なくすれば料金は自然と安くなります。

では、どこを見て判断すれば良いのかそれは「実績」と「品質」です。
実績とはなんでしょうか。簡単に言うと、契約してきた件数があげられます。
「契約実績○○○数」という触れ込みをしているところも少なくはありません。
大手ともなると、契約実績にも自信が大いに溢れています。
では品質はどのように判断すれば良いのでしょうか。
無料期間やお試し期間などが設定されている業者の場合には、そこで試してみる。
というのもできるはずです。
また、もう一つ品質としては、業務提供期間が長い会社というのは
それだけ電話対応を行ってきた期間が長いことになり電話対応技術も向上していると考えられます。

料金を判断基準にする問題点

一番判断基準にしやすいのが「料金」です。なぜなら明確な数字として出ているからです。
そのため「一番料金が安いところで良いや」という選び方もされることでしょう。
ですが、少し待ってください。本当に安いところで良いのですか?
というのも安いには安いなりの理由があります。
電話対応するオペレーターの数が驚くほど少ないとか、常に話し中で電話対応しない。
など、さまざまな問題がはらんでいる可能性があるのです。

コスト削減もいいですが、削減した結果、企業イメージまで下がってしまわないように
注意が必要であることを覚えて頂ければと思います。