士業の弁護士や公認会計士で起業したては電話代行は如何?

士業、と呼ばれる職業があるのをご存知でしょうか。
「しぎょう」や「さむらいぎょう」などと呼ばれるもので
職業名の中に「士」が入っている職業のことを総称してそう呼びます。

例えば「弁護士」や「公認会計士」「行政書士」「司法書士」などなど。
特別な資格を持って業務に役立てている仕事になります。
特別な資格を持つことから、何かと高所得者になっている。という印象を抱きがちですが
起業したてであったり、開業したてというのは、どんな業種も同じように
苦労を要するもので、士業の世界でもそれは変わらないものです。

そういう状況を考えると、資金はなるべく無駄にはしたくないものです。
自分一人で開業し、電話対応のためだけに人員、事務員を雇う。というのも
無駄にしているような感じがしてしまうものです。

仕事をするOL

携帯電話に転送しているから安心。というのはちょっと待って

自分一人で開業している場合、電話対応を自分の携帯電話に転送している。
という人を多く見ることがあります。
ですが、それで本当に契約につながっているのでしょうか?

というのも、士業の仕事の中には相談相手の話を伺う。というものが少なくありません。
そんなときに電話がなったとして、「少し失礼します」として
電話に出るのも正直な話失礼と言わざるをえません。

新しい仕事を得るかもしれませんが、今の仕事を失う危険性も出てくるのです。
では、電話にでなければ。当然ながら仕事を失う可能性の方が高くなります。

そんなときに選んでおきたいのが「電話代行」というサービスなのです。
電話代行にお願いしておけば、掛かってきた電話に対して
マニュアルに則った対応を行って頂けるので、折り返し先の電話番号を控えるとともに
用件や相談内容を伺ったりすることもできます。

人件費を抑えながらもより良い対応を期待できるのが電話代行というサービスなのです。

特に起業したての士業となると、まだまだお得意様というのができていません。
様々なところからお寄せいただく案件に関して、より誠実な対応が求められる分けです。
なのに、電話したら留守番電話につながった。会議中に電話に出て別の商談を始めた。
などの問題が発生しては、お得意様になって頂ける可能性というのは
なかなかに厳しいと言わざるを得ないでしょう。

そうならないためにも電話代行というサービスを契約し
取りこぼしのない対応は如何でしょうか。