98%以上の受電応答率が、応募受付数や受注件数の増加に貢献

お客様(消費者)からのさまざまな要望に対応するコールセンター。
1つ1つのコールに対し、お客様の立場にたって、お客様目線で対応することが重要です。それと同時に、運営側からすれば、「1本でも多くのコールに対応する」という点も重要なことだといえます。特に、応募受付のコールセンター、注文受付のコールセンター、予約受付のコールセンターなどにおいては、「どれだけのコールに対応できたか」というのが、業績や売上に直結します。
弊社では、24時間対応・365日体制はもちろん、「98%以上」の群を抜く受電応答率で、多数の人材派遣会社様、通販会社様をサポートしております。
応募受付や注文受付のコールセンター業務は、ぜひ、リリーフコールセンターにお任せ下さい。

サービスのポイント

では、「人材派遣会社様、通販会社様向けのコールセンター代行」について、サービスのポイントを説明します。

コールが集中しても安心、24時間・365日体制でバックアップ

人材派遣会社様にとって、募集広告を見た応募者からの問合せや面接希望の入電は非常に重要です。
当然ですが、求人広告費もさることながら、登録スタッフを確保しなければ、派遣先にスタッフを派遣することができないからです。また、通販会社様にとっての注文や問合せの入電も同様で、何件の入電に対応できたか、というのが直接、売上に結びついてきます。
なので、1本でも多くのコールに対応したい訳なのですが、問題となってくるのが、「求人広告」や「新聞広告」、「テレビ・ラジオCM」などを出稿した際に、“コールが集中してとりもれてしまう”という点です。広告掲載初日に集中することはもちろん、広告内容そのものが優れていることなどで集中することもあるでしょう。ただ、受付体制がとれていれば問題ないのですが、そうでない場合は、結果的に面接希望者や購入者を“逃してしまう”ことになるのです。もしかしたら、他の人材派遣会社の募集に応募するかもしれませんし、購入契機を逃してしまったら、購入意欲が薄まる可能性もあります。
このように、媒体出稿時でも集中するコールを取りもれない様に、弊社では、「98%以上」の群を抜く受電応答率で、24時間対応・365日体制で応募受付や注文受付に対応しています。

人材派遣会社様や通販会社様には、「電話対応を気にせずに、面接や採用連絡などに時間を費やせる」「自社で取りきれないコールをバックアップしてくれるので安心できる」「広告宣伝を積極的に出稿できる」、このようなお声をいただいております。

導入活用事例

次に、「人材派遣会社様、通販会社様向けのコールセンター代行」について、導入活用事例を紹介します。

人材派遣業 Y社様(愛知県) [パートナー歴 3年]

課題
  • 求人広告掲載時には、日中でも電話に対応しきれない時があった。また、営業時間外は応募や問合せがメールできていたが、連絡がつかないことが多かった。
目的・要望
  • 必要事項を聴取して、面接日のスケジューリングなどもお願いしたい。
  • 24時間、人が受付を行うことで、応募受付数や面接参加人数を増やしたい。
委託内容
  • 平日、土日祝ともに24時間受付。
  • 日中の受付分は都度、営業時間外の受付分は翌朝9時にまとめてメール報告。
成果
  • 採用業務が円滑になったことにより、効率的に人材確保ができるようになった。
  • 営業時間外も人的対応を行うことで、結果的に採用者数が増えた。

総合通信販売業 A社様(神奈川県) [パートナー歴 7年]

課題
  • 早朝のラジオCMや朝刊に広告を出していたが、人員確保が難しいのとコールが集中することによる取りもれで、損失だけでなくお客様にも迷惑をかけていた。
目的・要望
  • 早朝4時台、5時台であっても、反響に対応できる回線数を用意して欲しい。
  • 朝刊での広告の際は、自社コールセンターで溢れたコールに対応して欲しい。
委託内容
  • 平日、土日祝ともに早朝4時~お昼12時までの受付。
  • 受注分、問合せ分、ともに朝9時とお昼12時の2回に分けて報告。
成果
  • 自社の早朝出勤を廃止したことによる、スタッフの肉体的負担の軽減。
  • 2拠点対応による、呼損率の低下、受注件数の増加。